読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニア的なネタを毎週書くブログ

東京でWebサービスの開発をしています 【英語版やってみました】http://taichiw-e.hatenablog.com/

IntelliJ IDEAハンズオンに参加しました #ideahandson #jbugj

サムライズムさん開催の、IntelliJ IDEAハンズオンに参加してきました。

今月はあと一回、3月24日にも開催されるようです。
開催予定イベント一覧 - 株式会社サムライズム | Doorkeeper

 

まとめも兼ねて、特に「へー!」と思ったものをご紹介させていただきます。(使ってる人には常識なことなのかも…)

 

Shift2回押しの検索が強力

今までClass検索くらいにしか使っていなかったのですが、もっと「なんでも検索できる」機能です。

例えば、エディタの行番号表示はどこでONにすれば… というとき。

"line number"などで検索すると…

f:id:taichiw:20160312222349p:plain

その場でON/OFFの切り替えまでできちゃうよ!

 

また、キーワードの一致もとても柔軟。

「Get"なんとか”Timelineクラス」を探したいんだけど…という時は

f:id:taichiw:20160312222743p:plain

さらに『ght』でもGetHomeTimelineクラスが探せる!

f:id:taichiw:20160312222817p:plain

 

Live Templates と Postfix Completionが楽しい!

psvm と打って tab で public static void main(String[] args) メソッドが。

sout と打って tab で System.out.println() が自動的に入力されます。

 

さらに、

f:id:taichiw:20160312223224p:plain

あー 左に戻って返り値用の変数宣言しないと… というとき。

末尾に.varとつけてtabで…

f:id:taichiw:20160312223528p:plain

f:id:taichiw:20160312223443p:plain

宣言を自動補完!

 

同様に、
コレクションに .for と打てば for文が、
booleanに .if と打てばif文が自動的に生成されます。

 

Live Template, Postfix Completion ともに、非常に多くのものがデフォルトで登録されている上、独自のカスタマイズも可能です。

f:id:taichiw:20160312223906p:plain

f:id:taichiw:20160312223916p:plain

 

「巻き戻せるデバッガ」Chronon

デバッガを使ったデバッグをしている時に、「あー 行き過ぎたー!!」という経験、ありますよね。

そこでStep overどころかStep backwardを提供してくれるプラグイン、Chrononです。

IntelliJ IDEA 13.1 EAPのChronon Debuggerをお試しください! | JetBrains ブログ

本来は有償ツールですが、IntelliJ IDEAのUltimateを使っている場合は無償で利用可能とのこと。

 

普通のデバッガも強力

標準で付属しているデバッガも強力です。

ぱっと見わかりづらいのですがこの「電卓」ボタンを押すと起動できるEvaluater.

f:id:taichiw:20160312224729p:plain

単に変数の現在値を確認するだけでなく、例えば.toString()をつけてみるなどの評価「式」が記述可能。

さらに、= で代入文を書けば、変数値を任意の値に変更することも可能です。

 

おまけ:「保存」がない

IntelliJ IDEAは常にオートセーブのため、ほかのテキストエディタにあるような「保存」機能がないそう。

今までなんとなくCtrl+Sを打っていたのですが意味がなかったのですね…。