読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニア的なネタを毎週書くブログ

東京でWebサービスの開発をしています 【英語版やってみました】http://taichiw-e.hatenablog.com/

JavaOne2013 総括 : JavaOne2013 レポート6 #j1jp

まだ何件かセッションのレポートを上げる予定ですが、先に全体の総括を書かせていただきます。各セッションレポートはこちらから。

f:id:taichiw:20130927055138j:plain

なぜ今回JavaOneに参加したか

今年の自分のテーマの一つが「技術力」。
昨年はどちらかと言うと、アジャイルスクラムがおもしろく、かつ広げていくのが自分のテーマでしたので、マネジメントやチームビルディングなどのトピックスに興味がありました。
しかしその中で改めて、「自分はエンジニアである。コンピュータ技術者として改めてプログラミングと向き合いたい」という想いに気づきました。そこで、今年のOSC(OverSeas Conference。エンジニアを海外のカンファレンスに年一回行かせてくれる、弊社の大変すばらしいプログラム)は、JavaOneに行ってみたいと思うようになりました。

もう一つ後押しになったのが、以前にどこかのブログか何かで、新人エンジニア向けのメッセージとして「自分が使っているプログラム言語のカンファレンスに出てみよう」という記事を読んでいたことです。今年で職業エンジニア6年目になり、Javaとの付き合いも5年近くになる一方で、Java系のイベントへの参加経験は一度もなし。
一度Javaの最大のカンファレンスに出てみたいと考え、参加させていただくことにしました。

セッションを選ぶ段階での気付き

セッションがたくさんあるとは聞いていたのですが、いざSchedule Builderが公開されると、本当に本当に多くのセッションの中から選ぶことに驚きました。

f:id:taichiw:20131001055904p:plain

単に数が多いだけでなく、「Java」という技術は非常に周辺技術が多く、
プロダクトの種類だけでもJavaSE/JavaEEJavaFX/JavaME…、それらに含まれるフレームワークであるJAX-RSJPAなどなどがあります。セッションがフォーカスしている内容も多岐にわたり、新機能の紹介や、現行の機能のパフォーマンスチューニング、さらには少しJavaから離れてクラウド、PaaS/IaaSの話やREST、コミュニティ、などなどなど。ほんとうに様々なセッションがありました。

それらを眺めながら聞くセッションを選んでいった結果、ある程度自分の中で興味の方向性があることに気づきました。具体的には、今の仕事とリンクしている、RESTやクラウド、運用関連のセッションが中心になりました。結局言語仕様から少し離れたところに興味があったようです。
あとは申し訳程度にJava8のラムダ式絡み。(←これが申し訳程度でなく、非常に良かったことに後に気づく)

これまで、「Java」という広大な技術に対して、漠然としたイメージしかなかったのですが、このスケジュール作成を通して、自分の興味の方向性がある程度見えたことは(来年には変わっているでしょうが)、今回の収穫の1つ目です。

何を得たか 何を知ったか 何に気づいたか

実際にJavaOneに参加して得た、もっとも大きなことは、私はアプリケーション開発の際に、様々な構成要素を検討できるチャンスをたくさん持っているということに気付けたことです。
さらに、そういった時に検討できるよう、日々の「素振り」が大切である、ということにも改めて気付きました。

具体例1 アプリケーションサーバの選定

「CON4117:The Adventurous Developer's Guide to Application Servers」はこの点において大きな気づきをくれたセッションの一つです。

記事中にも書いていますが、正直これまで、アプリケーションサーバについては「とりあえずtomcat使っておけばいいんでしょ」というスタンスでした。
しかし、アプリケーションサーバには様々な種類があり、ここ最近でも新しいものがどんどん出ていること、それらにはそれぞれ特徴があることを知ることができ、常に、「本当にtomcatでいいのか?」の考慮は必要であると思い知らされました。

この発想に至ったのは、カンファレンス期間中に、少し時間をとってGrassfishを試してみたのも大きかったと思います。

具体例2 Java8導入について考える

言語にもっと近いところでは、Java8の導入について考えられたことが大きかったです。ラムダ式については5月に参加したJavaDayTokyoでも聞いていましたので、「大体わかってるし、現場で使えるようになるのは1年以上先だし、まだ深くは知らなくていいや」と実は思っていました。
しかし、キーノートや、「Programing with Lambda Expressions in Java」などのセッションを通じ、改めてこの変化が非常にJavaにとって大きなものであること、コードの可読性が非常に向上するため是非導入すべきであること、そして、いざ導入となった時にその素晴らしさを理解し、メンバー全員で使い始めるには、ある程度の事前知識を、自分はもちろん、メンバー皆が持っていることで、導入のハードルを下げることができるだろうということに気づきました。

この気付きは自分の中では大きかったです。

「海外」に意味はあるのか

はたしてこういった気付きは、わざわざ海外のカンファレンスに行かなければ得られないのでしょうか。
今回の参加には、往復飛行機代と宿泊費、さらにクソ高い参加費で、私の一ヶ月分の給料くらいのお金を会社から出してもらっています。一方、上に書いた、私の「気付き」は国内で雑誌でも読んでいればわかるのではないか、というものにも思えます。

それでもあえて、海外の、JavaOneに、参加しなければ得られなかったと思うことがいくつかあります。

自分の英語力のなさに対する気付き、勉強へのモチベーション

事前知識があまりないセッションを聞いたこともおおきかったですが。

クソ多いセッション数から選ぶ中での、自分の興味の気付き

これは上に書いたとおり。

「素振り」に専念できる時間の捻出。合宿。

今回のカンファレンス期間中、実は、セッションを聞いていた時間よりも、電源スペースに居座って、セッションで聴いた内容を調べたり、手を動かして検証してみたり、ブログにまとめてみたりという「復習」に割いた時間のほうが多かったです。
また、こういったことに時間がとれるよう、セッションは実はスカスカにして、空き時間をかなり多くとっていました。

これこそ一見、海外に行かなくても、わざわざカンファレンスに出なくても、できそうなことですし、事実普段から意識的に時間を作られて、こういった情報収集と検証に時間を割かれている方はいらっしゃると思いますし、そうあるべきだと思います。

ですが現実問題、日々の業務の中で、もしくは自由時間の中でまとまった時間を確保するのは難しいですし、国内カンファレンスの場合、時差がないのもあって結局会社のほうが気になってしまったりということもあると思います。

その点、海外のカンファレンスですと、日程が長く、またリアルタイムに日本の人とやりとりする機会が少ないことから、こうした「素振り」に割く時間を取りやすいと感じました。

言ってみれば、スポーツの合宿みたいだな、と感じました。普段の生活から離れて、その専門のことのみに専念する。

非常に高い金を出してもらっての合宿なのですが、日本を離れたことの大きな一つの意味はそこにあるのではないかと思いました。

 

 

今回は上記のような気付き、考えを頂きました。本当に非常にいい機会になったと思います。

なお、セッションの聴き方などは前回参加させていただいた海外カンファレンスと同じ方法+上記のとおり、素振りに時間を割くという態度で参加させていただきました。